細菌・ウイルス・濁質・油除去などの分離・吸着・濾過
タキエンジニアリング株式会社

669-2212 兵庫県篠山市大沢1-10-26
JR宝塚線 篠山口駅から徒歩5分

お気軽にお問合せください

079-594-1709
営業時間
9:00~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

分離実験

水溶性切削油の分離実験

分離処理実験

図1

水溶性の切削油の分離吸着を、ゼータマックス吸着ファイバーで行えるかの実験をします。

水溶性切削油とは、金属加工の切削や研磨などで使用される油となります。

油を分離する方法では、浮上分離やコアレッサーなどがありますが、水溶性の切削油の分離は非常に難しいとされております。

 

分離の試験方法

純水に水溶性切削油(エマルジョン油)を投入し、油分濃度が200PPMになるように調整した液体を試験液とします。

水溶性の切削油は、エーゼット社製を使用。

ゼータマックス吸着ファイバーは、図1のように透明カップに積層させて、その上部より試験液を通液させます。

 

 

結果

図2のとおり、処理前の液体は白濁し、水溶性切削油が混濁している状態であったが、処理液は白濁がなくなり、水溶性切削油がゼータマックス吸着ファイバーに分離されたことがわかります。

図2
ゼータマックス吸着ファイバーのページは下記です

ファイバータイプ

水溶性切削油や顔料・細菌などを吸着する粉体状のゼータマックスになります。

フィルタータイプ

水溶性切削油や顔料・乳化油などを吸着するフィルター状のゼータマックス吸着フィルター

他の吸着分離実験

 顔料の吸着ろ過除去実験

   顔料成分であるキナグリドンマゼンダのゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

 細菌(大腸菌)の吸着ろ過除去実験

   細菌(大腸菌)のゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

 コンプレッサーオイルの吸着ろ過実験

   コンプレッサーに使用されるオイルのゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

 塗料の吸着ろ過実験

   水性塗料のゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

 濁質の吸着ろ過実験

   関東ローム層の土を粉砕した微粒子のゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

 アルカリ洗浄液中の不水溶性切削油の吸着ろ過実験

   アルカリ液中で分散状態のドリルオイルのゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

 水性ニス(水溶性ニス)の吸着ろ過実験

   純水にニス成分を混入させて、ゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

 水性ボンド(水溶性ボンド)の吸着ろ過実験

   純水にボンドを分散させて、ゼータマックス吸着ファイバーによる吸着ろ過実験

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

079-594-1709
営業時間
9:00~17:30
定休日
土曜・日曜・祝