細菌・ウイルス・濁質・油除去などの分離・吸着・濾過
タキエンジニアリング株式会社

669-2212 兵庫県篠山市大沢1-10-26
JR宝塚線 篠山口駅から徒歩5分

お気軽にお問合せください

079-594-1709
営業時間
9:00~17:30
定休日
土曜・日曜・祝日

ゼータマックス吸着ファイバーろ過実験

微粒子の吸着除去できるゼータマックス吸着ファイバーの
フィルター実験

ろ過とは、何らかの液体の中に混濁している微粒子を除去する行為であり、様々な濾過フィルター技術があります。

調整された孔を膜に設けて、孔の径により液中の混濁している微粒子を除去するのに使用される製品は微粒子除去フィルターカートリッジと言い、ナイロンメッシュや金属メッシュなどのように数百ミクロン以上の物体を除去するフィルターカートリッジから、0.1ミクロンや0.45ミクロンの細孔を用いて、細菌・バクテリアなどの微粒子を除去するフィルターカートリッジ、イオンや塩類を除去することを目的として使用されるフィルターカートリッジ(逆浸透膜メンブレン)などがあります。

フィルターカートリッジを用いない方法では、遠心力により微粒子の沈降速度を加速させて、液中の微粒子を除去するサイクロンフィルターや遠心分離装置。紫外線・オゾンなどを用いて、細菌の殺菌・有機物分解を行う装置があります。

その他にも、活性炭吸着、イオン交換樹脂、砂濾過、濾過助剤を用いた方法など、多くの濾過技術があります。

ゼータマックス吸着ファイバーは、吸着原理を利用した濾過技術となります。

液体の中に混濁している微粒子の粒子表面電位と、ゼータマックス吸着ファイバーの表面電位の作用により、液中に分散する微粒子を吸着し、液体から分離除去します。

除去対象物質は、下記となります。

・液中で、粒子表面ゼータ電位がマイナスになっている粒子(負電荷を帯びている粒子)

・数nm以上の粒子

・細菌 → 吸着ろ過実験 例

・ウイルス

・タンパク質

・コロイダルシリカ

・油(エマルジョン・水溶性油など) → 吸着ろ過実験 例

・顔料 → 吸着ろ過実験 例

・濁質成分

 

 

その他 ゼータマックス吸着ファイバーについて 

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

079-594-1709
営業時間
9:00~17:30
定休日
土曜・日曜・祝